独立系FPに相談するメリット

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)として起業準備中です。

FPは日本においてはまだまだ認知度が低い職業です。
FPの先進国アメリカでは、「良い医師、良い弁護士、良いFPが家庭には必要」と言われています。
私の叔母が二人アメリカに住んでいますが、共に「アメリカではFPに相談することはごく普通のこと」と言っていました。

環境も文化も考え方も違うので「アメリカのようになるべき」などと言うつもりはありません。

ただもしあなたがお金に関する悩みがある時に「FPに相談してみようかな」と思った時には、独立系FPというファイナンシャルプランナーがいることを覚えておいてもらいたいのです。

日本でFP資格を持つ人のほとんどは企業に所属している企業系FPです。
銀行や証券会社、保険会社、不動産会社に所属してFP資格を持っています。
彼らは顧客の相談に無料で乗ってくれます。しかし最終的な目的は自社の商品を販売して利益を上げることです。
必ずしも顧客にとって最善のアドバイスと商品を提案してくれるとも限らないことは覚えておいてください。

一方の独立系FPは圧倒的に少数派です。上記のような企業に属さず活動をしています。
独立系と言っても金融商品の販売仲介や保険の代理店として手数料を得ている場合もあるようです。
企業に属さない中立的立場のFPからアドバイスをもらいたいのであれば、独立系かつ非販売系のFPに相談すべきです。


特定の金融商品や保険を販売しないので、顧客からは相談料をいただくという形をとります。
まだ日本において「相談料を払う」ことが一般的でないためハードルが高く感じると思います。
でも街や広告で見かける「無料相談」には無料である理由をよく考えてみてください。

私たち独立系・非販売系FPは無料相談では収入を得ることができません。相談料をいただくことで中立の立場でお客様の暮らしに役立つアドバイスができるように努力しているのです。

アドバイスのおかげで最近上手くいってます。ありがとうございます!と言っていただければこれほど嬉しいことはありません。

資産形成の始め方やお金に関する情報を集めて学ぶことはとても大切なので、全ての人に取り組んでもらいたいと考えています。
でも共働きでなかなか時間が取れない方がたくさんいるのは間違いありません。
そんな時にお客様の代わりに私が持っている知識と経験からアドバイスを提供することで、貴重な時間を節約することができるのではないかと思っています。

ネット上の情報は玉石混在ですし、本を数冊読むのも時間が必要です。
身近に資産形成に取り組んでいてアドバイスしてくれる人も簡単に見つからないでしょう。

私を信頼してもらうためにもっともっと勉強をしていきます。
難しい内容もわかりやすく伝えられるように。
そして長期にわたってアドバイスできるような関係を作っていけるFPになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です