高級腕時計の所有は投資になるのか?

時計の目的は?

「そりゃ時間を知るためでしょ」
そうですよね。
時計は時間を知るためのものです。

今の時代だと腕時計をせずスマホで時間を確認する人も多いですよね。

正確な時間を知るのが目的であればスマホの方が優れています。

それでも腕時計が必要とされるのはなぜでしょうか。

時計はアクセサリー?

私が思うのは

男性が身につけることができる数少ないアクセサリーの一つだから

という理由があります。

男性は女性と違ってビジネスシーンで身につけられるアクセサリーが限られています。
例えばお客さんとの商談の場で、婚約指輪以外の指輪や、ピアス、ネックレス、などをつけているとおかしいと思いませんか?

そこでビジネスにふさわしい高級腕時計を身につけていると「デキる男」に見えるというのがあると思います。

どんなに高機能でも、例えば電波時計で気圧計やストップウォッチが付いていても、あまりにもゴツくてタフな時計はビジネスシーンに合いません。

ビジネスシーンにぴったりなのは、ケースが薄型で革バンドのシンプルなものです。

この時、靴、ベルト、カバン、時計のバンドの革の色が揃ってる方がより良いです。

機械式とクォーツ

ケースが薄型で革バンドの時計といってもピンからキリまであります。

1,000円くらいのものから、うん1000万円のものまであります。

いわゆる高級時計のほとんどが機械式と呼ばれる時計です。
もう一つのタイプはクォーツ式と呼ばれています。
(もちろんクォーツ式の高級時計もあります)

この二つの違いは

  • 機械式はゼンマイで動く
  • クォーツ式は電池で動く

ということです。

「だからなんなんだ?」
という人のためにもう少し説明します。

機械式時計は

  • ゼンマイを手動、または自動で巻いて動かす昔ながらの時計
  • 電池切れということがなく、定期的なメンテナンスをすれば長く使える(孫の代まで引き継ぐこともできる)
  • 数年に一度のメンテナンス(オーバーホール)に数万円かかる(維持費が高い)
  • ゼンマイが巻かれていないと通常2日程度で止まってしまう
  • 価格が高価である

クォーツ式

  • 電池がなくなるまで動き続ける
  • 機械式より時刻の精度が高い(誤差が少ない)
  • メンテナンス(電池交換)は高価ではない
  • 価格が安い

機械式時計は趣味性が高く、手間もお金もかかります。
ゆえに愛着が湧いて長く使えて資産価値があるのはほとんど機械式時計です。

高級腕時計が投資対象になるのか?

確かに資産価値は減りにくいです。
でも普通のサラリーマンが投資対象として購入するのは私としてはオススメしません

私の考える投資というのは、あくまでも資産を買うことです。
資産というのはお金を生み出すものです。

腕時計を所有しているだけではお金は生み出しません。
むしろメンテナンスコストがかかる(お金を奪っていく)ので負債と言えるかもしれません。

それでも
「30代だしそろそろ高級腕時計の1つくらい持っておきたいな」
という気持ちはすごくよくわかります。

実際に私も30代前半でロレックスサブマリーナを購入しました。


ロレックス ROLEX サブマリーナ 114060 新品 時計 メンズ

私が購入した10年前は40万円くらいだったんですけど、現行モデルは並行輸入品でも100万円を超えています、、、

この時計はスポーツ(ダイバーズ)ウォッチなのでスーツスタイルに相応しいかどうかと言うと賛否両論があります。

シンプルなのでどんなファッションにも合わせやすくてすごく気に入っています。
ジーンズ、Tシャツにこの時計だけでもカッコいい!

300m防水で耐久性も抜群。
50年以上も変わらないデザイン。

投資対象としては見ていないけど

  • 車と違って価値が減りにくい
  • 保管場所を取らない
  • 使いながら(楽しみながら)所有できる
  • ステータスになる(自己満足ですけど)

それなりに高価な時計を身につけていると、なんだか自信が湧いてきます。
まぁこう言うのは自己暗示だと思います。

ロレックスよりも高価な時計はたくさんあります。
ロレックスは実用性が高くて知名度が高い、と言えます。
人と被りたくないなら他のブランドの方がいいですね。

私の場合は
「ロレックスが似合う男になりたい」
という思いがありました。

例えば私が普段の生活にも困っているような余裕がない雰囲気が漂っていたら、ロレックスをつけていてるとどうでしょうか。

「本物なのかな?」
「似合ってないなぁ」

と思われるはずです。

もちろん自分自身が気に入っていれば、周りがなんと言おうが思おうがどうでもいいんです。

逆にオーラが漂う人がニセモノをつけていても、周りの人は本物に違いないと思うはずです。

本物の持つエネルギーを身につけて、それに見合ったオーラを身に着ける。
そんなモチベーションを与えてくれたのは間違いありません。

手に入れた頃は腕につけるのも少し緊張していました。
今では当たり前のようにサラッと身に付けることができています。
少しはロレックスが似合う余裕があるオーラを身につけることができてきたのかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です