現状維持バイアスをとっぱらえ!一歩踏み出す勇気を持とう

現状維持バイアスとは

顔

あなたはきっとより良い明日を望んでいるはずです。

あなただけではなく、すべての人が昨日より今日、今日より明日がより良い日になるのを望んでいます。

だけどそのために一歩踏み出して何かを始めていますか?

「もう少しお金がたまったら」

「もう少し勉強してから」

と言って時間が経過してしまってしませんか?

現状維持バイアスという言葉があります。

バイアスとは『先入観』や『偏見』という意味です。

変化によって得られる得よりも、失う可能性のある損失を恐れている状態を現状維持バイアスといいます。

これは人間誰もが陥ってしまうものです。

失敗するくらいなら今のままでいいと考えてしまいます。

「現状から一歩踏み出したほうがいいかもしれない」

と思いながらも行動できないことがありませんか?

私自身も慎重な性格で石橋を叩きまくって破壊してしまうタイプです(笑)

安心してください。

現状維持バイアスを理解して、勇気を出して小さな一歩を踏み出せば新しい世界が見えてくるようになります。

現状維持は衰退である

衰退

世の中で成功している人は、勇気を出して一歩踏み出している人たちです。

失敗よりも得られるものに向かっていった結果と言えます。

でもそれがわかっていても一歩踏み出せないんですよね。

未知のものや変化を恐れるのは人間の本能だからです。

これは生きるための防御本能として私たちに備わっています。

あなたはいつも同じものを選んでいませんか?

  • 通ったことがない道
  • 入ったことがないお店
  • 選んだことがないメニュー
  • やったことがない仕事
  • みんながやっていないこと

これらを選べないのは失敗したくないからです。

  • 通ったことがない道を選んで道に迷いたくない
  • 入ったことがないお店の雰囲気がわからない
  • 選んだことがないメニューで嫌な思いをしたくない
  • やったことがない仕事がうまくできるかわからない
  • みんながやっていないことで困りたくない

そんな悪いイメージを先に思い浮かべてしまうからです。

転職や起業もそうですね。

収入が増えたり自由を手に入れられる可能性があるのに、うまく行かないことばかり考えてしまう。

そうやって一歩勇気を出して踏み出せば状況が変わるのに、チャンスを逃している人が多いのです。

自己啓発本などを読む方であれば

「失敗なくして成功なし」

という言葉をよく聞くと思います。

現状維持であれば確かに失敗はしないかもしれません。

しかし現状を打破しなければ何も手に入れられないのです。

私は完全歩合の飛び込み営業をやっていたときに

「成功の反対は失敗ではない。成功の反対は何もしないことだ」

と言われ続けていました。

つまり失敗するということは何かに挑戦した結果なのです。

この言葉は今でも常に自分に言い聞かせています。

現状が心地いいから変えられない?

休憩

もっと世の中で起こっていることで考えてみます。

宝くじで高額当選したら人生バラ色だと思っていますか?

実際には多くの人が浪費をして破産したり、詐欺にあったり、家庭のトラブルが起こったりしています。

日本の宝くじで1,000万円以上の高額当選者に『その日】から読む本』というものが渡されるのは有名な話です。

「自分はそんなことはない」

と思うかもしれません。

しかしこれまで見たことが無いような大金に舞い上がってしまうのです。

生活が派手になったり、やったこともないビジネスを始めたり、無謀な投資をしたり。

本当のお金持ちの姿とは真逆の行動を取ってしまいます。

お金持ちはケチ?「節約」ではなく「剣約」をする理由

これは大金がある状態に違和感を感じて、本来のお金がない自分に戻ろうとしていると言えます。

「そんなバカな」

と思うかもしれませんが、大金がある状態が当たり前という心の準備ができていない、お金がある状態がふさわしいと感じていないのです。

こんな状況はどうでしょうか。

数年前から日本を訪れる外国人観光客が急増して、国内の飲食店や観光産業はインバウンドの恩恵を受けていましたよね。

ところがコロナの影響で収入は激減。

廃業を余儀なくされた方々が多くいます。

コロナの前まで数年間はウハウハの状態が続いていたはずです。

厳しい見方をすれば、うまくいっているときに次の一手を考えていなかったのです。

「もし急激な円高になって観光客が激減したら」

と考えて新しいサービスを考えていたでしょうか。

状況が悪いときは目の前のことに対応するのに精一杯です。

だからこそ状況が良いとき、新しいことを試す余裕があるときに次の手を考えなければなりません。

うまくいっているときに次の一手を考える、優良企業はそれを実践しています。

これは一流のアスリートもそうです。

うまくいっていたこれまでのやり方を捨てて、新しいやり方を取り入れる。

プロ野球で言えばジャイアンツの菅野投手、カープの鈴木誠也選手は誰もが認める一流のプレーヤーです。

彼らはこれまでの成績を考えれば新しいフォームを取り入れる必要がないようにも思えます。

しかし、彼らは進化の道を選んでいます。

最初はうまくいかなくてもがき苦しんでも、自分をより成長させるためには現状維持ではダメだということを理解しているからです。

人間は現状維持の方が安全だと考えてしまいます。

失敗せずにすむしラクだからです。

このことを頭に入れておけば

「本当にこのままでいいのか?」

と考えるクセがつきます。

現状維持バイアスについて気づかせてくれる有名な良書があります。

普段本を読まない人でもすぐに読めてしまうので、読んだことがない人はぜひ一読してみてください。


 

 とにかく行動しよう

アクティブ

人間には現状維持バイアスが働いてしまう、ということを頭に置いておくことで

「あ、今自分は現状維持を選んでいるな」

と考えるようになります。

意識的にやったことがないもの、新しいものにチャレンジしてみようと思うだけでも随分違うはずです。

知らない道を歩き、知らないお店に入り、食べたことがないものを食べてみる

そんな小さな一歩でいいんです。

そこに新しい発見があるのですから。

でもどうしても

「失敗したらどうしよう」

と考えてしまいます。

そんなときは最も悪い結果を想像してみます。

おそらくほとんどの場合、致命的な失敗をすることはないはずです。

「死ぬこと以外かすり傷」

と言い切る人もいますから。


転職や起業をしても死ぬわけじゃありません。

もちろん勇気がいることですが、いきなり食べられなくなるなんてことはありません。

うまくいかなかったら別の方法を試してみればいいじゃないですか。

もちろん多額の借金をしてビジネスを始めたり、一発逆転のギャンブルはダメですよ。

私は慎重なので行動が遅い、決断力に欠けるという自覚がありますが、一歩踏み出す勇気を持とうと心がけています。

致命的な失敗をしないように考えた上で行動する。

失敗してもなんとかなるさと前向きに考える。

現状にモヤモヤしているなら、勇気を出して小さな一歩を踏み出してみてほしいんです。

新しい世界が広がるとワクワクします。

今のあなたに足りないのは現状維持バイアスをとっぱらうことかもしれません。

次の言葉は進化論を唱えたダーウィンが言った、かどうかは不明なのですが名言です。

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一、生き残るのは変化できる者である。

 

記事を読んで

「おもしろかった!」

「役にたった!」

と思っていただけたらクリックを!

下部のコメント欄も書き込んでいただければうれしいです。


ファイナンシャルプランニングランキング

↓ランキングをチェック!

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です