【価格比較と考え方】椅子の座面をDIYで張替え?業者に依頼?買い替え?

椅子の座面は意外に早く傷むしヘタる

椅子

我が家のダイニングチェアは購入して7年。

ダイニングテーブルとチェア4脚の5点セットで10万円未満。

高級でもなく安物でもなく。

椅子の座面は合皮。

それが表面がボロボロになって剥がれはじめ、床にゴミが落ちるのが気になってきました。

クッションもすっかりヘタってしまっています。

座面が布の場合でも汚れやシミが気になってきたり、擦り切れてきます。

解決の選択肢は3つ

  • 座面をDIY(自分)で張り替える
  • 椅子を買い換える
  • 業者に張替えを依頼する

私はこれらを比較検討した結果、業者に張替えを依頼しました。

費用は4脚で5万円弱(税込)かかりましたけど、さすがプロの仕上がりで大満足です。

それぞれの選択肢の価格とメリット・デメリットを見ていきましょう。

座面をDIY(自分)で張り替える

DIY

私は最初にこれを検討しました。

ネット上にも自分で張り替えた人が解説してるブログや動画もあります。

費用は張替えキットと道具があれば4脚を予算1万円前後で可能です。

  • 張替え生地、ウレタン
  • タッカー(木工用のホッチキスみたいなもの)
  • ペンチやニッパー
  • ドライバー
  • はさみ など




自分で座面の張り替えできるのは、座面がネジ止めされていてとりはずすことができるタイプです。

背もたれにも生地が張られていたり、生地が縫製されているものはDIYは難しいでしょう。

「自分で生地を貼るのは意外と簡単だったけど、タッカーを外すのが大変だった」

という声が多いです

2人がかりで半日〜1日くらいの作業時間をみておいたほうがいいでしょう。

きれいに仕上がるかどうかはあなた次第です。

最も低コストで張替えができますが、労力や仕上がり、ケガのリスクを考えておかなければいけません。

我が家は座面が取り外すことができないタイプで、角の部分が縫製されていたのでDIYをあきらめました。

椅子を買い換える

ダイニングセット

現在使用しているダイニングセットが10万円以下なら買い替えの検討もありでしょう。

1脚5,000〜10,000円程度でもいろいろなデザインを選ぶことができます。


椅子を新しく買い換えることで、現在の椅子がガタついていたりすれば解決できますし、違うデザインを取り入れることで新鮮な気持ちにもなれます。

しかし椅子だけを買い換えるなら、テーブルの素材や色とバランスをとらなければちぐはぐな印象になってしまいます。

それにまだ使える椅子を廃棄することが心理的にもったいないと感じます。

私は安価なものを使い捨て・買い替え続けるよりも、気に入ったものを修理して長く使うほうが好きです。

時計や靴がまさにそうですけど、愛着がわきますよね。

リモートワークで高級革靴が売れなくなる?

ロレックスなどの腕時計をいつオーバーホールするべきか?

業者に張替えを依頼する

職人

ネットで張替え業者を検索すると、1脚5,000円〜くらいです。

日本を代表する総合家具メーカーのカリモクの場合

布・合成皮革 縫製無し 6,300円〜

運搬料 2,500円/台

なので1脚あたり税込み1万円くらいはみておいたほうがいいでしょう。

(注意)修理はカリモク製品のみです

ちなみにカリモクのダイニングチェアは1脚2万円〜10万円くらいします。


業者で4脚張替えを依頼すると4万円程度はかかることになります。

「自分で張り替えは難しそう。4万円以内で買い替えも悩ましい」

という人が多そうですね。

自宅から近い家具店に相談して見積もりを出してもらって考えてみるのがオススメです。

近くに家具店がなければネットで依頼して送ることも可能です。

さすがプロの仕上がり

ダイニング

我が家は悩んだ結果、業者に張替えをしてもらいました。

呉市内の『ドゥクラフト土肥家具本店』に見積り依頼して、車で店舗まで2脚を自分で持ち込みました。

張り替え終えた2脚を受け取るときに、残りの2脚を持って帰ってもらい、先日4脚すべて張り替えが完了しました。

配送料はサービスしてもらって、4脚で税込48,400円でした。

ウレタン(クッション)も入れ替えってもらって座り心地が劇的に改善されました。

 

元は黒の合皮だったものを、カリモクのソファと色を合わせてベージュにしてみました。

座面張替え

座面が外せないタイプで、角が縫製されています

カリモクのソファは家を建てるときに購入したもので、ショールームで後ろ姿のカッコよさに一目惚れしました。

以前、仕事で愛知県に住んでいたので刈谷市にあるカリモク本店ショールームで選びました。

カリモクソファ


『お部屋の真ん中に置きたい、360度きれいなデザイン』

んーカッコいい。

ちなみにお掃除ロボットのルンバが下を通過できません(泣)


 

これで高さ調整して、狭い脚下部分はウレタンブロックを貼り付けて侵入防止してルンバが使えるようになりました。

現在のモデルはルンバ対応した高さになっています。

まとめ

桜

  • 座面をDIY(自分)で張り替える
  • 椅子を買い換える
  • 業者に張替えを依頼する

費用、手間、仕上がりなど何を優先するかで決めることになりますね。

どれも一長一短あります。

我が家は業者に張替えを頼んで良かったです。

決して高価ではない我が家のダイニングセットですけど、長く使うと愛着がわきます。

合皮ですけど質感もいいですし、ソファと色を合わせいい感じです。

家具に限らず、気に入ったものを修理しながら大切に長く使うほうが心が豊かになるように思います。

購入するときに2つ以上のもので迷ったら

「安いから」

で選ぶのではなく

「気に入ったから」

で選んだほうが大切に長く使えて幸せになれるはずです。

 

記事を読んで

「おもしろかった!」

「役にたった!」

と思っていただけたらクリックを!

下部のコメント欄も書き込んでいただければうれしいです。


ファイナンシャルプランニングランキング

↓ランキングをチェック!

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です