なりたい自分になる、目標を達成して夢を実現する方法

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さてみなさん、今年の目標をたてましたか?

今回は目標をたてて終わりにせず、達成して夢を実現する方法について書いていきます。

なりたい自分になるための目標の立て方

達成

「お金持ちになりたいな〜」

「ハワイへゆっくり旅行に行きたいな〜」

「スリムでかっこいい身体になりたいな〜」

こんなふうに思う人はたくさんいます。

残念ながらこれ、ほとんど実現しません。

ただの願望であって、それを実現するためにやるべき行動が決まってないからです。

それから心のどこかで

「ま、どうせ無理だけどね〜」

なんて思っていませんか?

「お金持ちになりたいな〜」

→宝くじが当たればねぇ

「ハワイへゆっくり旅行に行きたいな〜」

→そんなお金も時間もないしねぇ

「スリムでかっこいい身体になりたいな〜」

→運動しても続かないしねぇ

最初からあきらめムードでは絶対に実現しません

頑張れば必ず実現できると思える目標をたてることが重要です

そして「必ずできる」と信じて自己暗示をかけます。

あまり熱弁しても宗教っぽくなるので(笑)

このあたりの本がオススメです。



まずはとにかく書き出す、そしていつでも確認できるように

ノート

昨年の目標はどのくらい達成しましたか?

「年始にたてた目標を忘れちゃって(笑)」

そんなあなた。

目標を立てて終わりじゃなく、繰り返し見ることが大切です。

目標を紙に書く、またはメモアプリに書きましょう。

そしていつでもその内容を確認できるように持ち歩くことです。

わたしの場合はiPhoneのメモアプリに入れてます。

※欲しい物リストもメモアプリを使ってます

衝動買いしない→節約につながる|欲しいものリストの活用

過去の目標が2014年から残っています。

何度も何度も見ることで潜在意識に刷り込みます。

目標が脳に定着すれば、必要な情報を無意識に手に入れるようになります。

なんとなく読んでいる雑誌から必要な情報が目に止まったり

ぼんやり眺めていた景色からアイデアがひらめいたり

良い話があればすぐに飛び乗ることができます。

チャンスの女神は前髪しかないと言われます。

向かってくるときにつかまなければ、通り過ぎてから慌てても捕まえることはできません。

目標を無意識レベルで追いかける状態であればチャンスを逃すことはありません。

スーパースター達の目標

チェックリスト

元プロ野球選手イチローさんが小学生の頃に書いた作文を読んだことがありますか?

僕の夢

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。

活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。

3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。

だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。

ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3厘でした。このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした

そして、ぼくたちは1年間まけ知らずで野球ができました。
だから、このちょうしで、これからもがんばります。

そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。

とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

鈴木一朗

大きな目標があって、それを実現するためにやるべきことが明確になっています。

そして大きな自信を持っています。

同じく野球界のスーパースター大谷翔平選手は高校時代にマンダラチャートと呼ばれる目標達成シートを作っているのを知っていますか?

マンダラチャート

出典:

【テンプレート付き】大谷翔平も実践した「マンダラチャート」の使い方・書き方3ステップ

https://u-note.me/note/47502826

大きな目標が中心にあって、それを実現するためにやるべきことが細分化されて明確になっています。

天才と呼ばれる2人ですが、誰もまねできないようなとてつもない努力を積み上げてきたのは間違いありません。

5年後の私のあるべき姿

計画1年間の目標をたてて、細分化して、こまめに振り返って、修正する。

小さな目標をたくさん達成できるようになると、自信がついてきて目標オタクになれます(笑)

1年間の目標とは別に、「5年後の私のあるべき姿」を作成することをオススメします。

わたしは2009年から毎年やってるエクセルシートがあります。

5年後の自分を想像して

  • 年齢
  • 仕事(年収や職種、資産総額など)
  • 家庭(住居、車、家族構成や年齢)
  • 自己啓発(趣味、資格、特技など)
  • 健康(スポーツ、体重、性格など)
  • ①この5年間で最も楽しいと思われることは
  • ②この5年間で最も成長したと思われることは
  • ③この5年間をどのようなものにしたいか
  • ④その信念は
  • 長期的目標

のような構成になっています。

これを振り返ってみると面白いんです。

例えば2016年に記入した5年後の自分は2021年です。

書いたことのほとんど8割くらいが実現しています。

5年前には

「ちょっと目標が高いかな」

と思っていたものを実現できているんです。

これは心から「なりたい、欲しい」と思う状態をできると信じて実現したからです。

あきらめたらそこで終わり、思考は現実化するんです。

5年後あなたは何歳ですか?

家族は何歳ですか?

どんなことを実現していると思いますか?

努力すれば実現できそうなワクワクするような状態を書いてみましょう。

ネットで画像を探してきてシートに貼り付けるのもオススメです。

こんな家に住みたい、こんな体型になりたい、こんな車に乗りたい、こんな旅行したい

白黒だった夢に色をつけていく作業です。

まとめ

風景

なりたい自分になるための目標設定、参考になりましたか?

だれかにやらされるものではないです。

なりたい自分があるから、やると決めた目標です。

達成したときの自分や家族や周りの人の気持を想像してみましょう。

ラクな方に逃げたくなるのが人間です。

それはわたしも同じです。

せっかくたてた1年の目標を1ヶ月後に忘れちゃうのはもったいない。

いつでも読み返せるように持ち歩いてみてください。

そして年末には

「今年の目標は8割達成した!」

と言えるようにしたいですね。

ファイナンシャルプランニングランキング   にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ にほんブログ村  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です