【老後】退職までにお金はいくら必要?老後破綻しないために知っておくべきこと

老後2,000万円不足どころじゃない人もいる

財布

以前「老後2,000万円問題」としてメディアに大きくとりあげられて

老後が急に不安になった方も多いようです。

じゃあ実際に

  • 金融庁のレポートを最後まで読んだ
  • ライフプランを作成して老後資金を作る計画を立てた
  • 家計の見直しをして貯蓄額を増やした

という人はほとんどいません、、、。

「国が悪い!」

「会社が悪い!」

と言っていても何も変わりません。

「よくわからないから」

と言って現実から目をそらして逃げていても解決しません。

何か1つでも行動した人だけ不安を解消したり、問題解決に近づくことができます。

「退職までに老後資金をいくら貯めておけばいいのか?」

という質問に対しては

「それは人それぞれ」

としか答えようがありません。

状況によっては全く心配のない人もいれば

このままだと老後破綻まっしぐら、2,000万円不足どろこじゃない人もいます。

現在の自分がどんな状況なのか把握することと、これから何を準備できるかを知ることが大切です。

老後の収入源は年金のみ?

年金

例えば40年間大手企業に勤めて

  • 老齢厚生年金はしっかりもらえるし
  • 企業年金も退職金もあるし
  • 親から相続した不動産収入もあるし
  • 株の配当収入もあるし

みたいな人は老後資金の心配はほぼないでしょう。

やるべきことは税金対策をしてムダに取られすぎないことですね。

では一方で、

高校卒業後に個人事業主として65歳まで働いて

  • 国民年金はちゃんと保険料を納めてきた
  • 貯蓄はできていない
  • 親から相続する財産もない
  • 株などの配当収入もない

という人は仕事をやめたときから、収入は老齢基礎年金のみになります。

40年間(480月)きちんと保険料を納付したとして

満額で781,700円(月額65,141円)です。

この額で

  • 食費
  • 住居費
  • 医療費
  • 光熱費

などを払わなければならないことを思えば、かなり厳しいことがわかりますよね。

生活水準を落とさずに暮らそうと思うと

長生きすれば2,000万円どこか、3,000万円も5,000万円も不足することになるでしょう。

例)収入が老齢基礎年金のみ、1ヶ月の生活費20万円、30年続くと

年金6万円/月 - 生活費20万円/月 = −14万円/月

−14万円/月 × 12ヶ月 = -168万円/年

-168万円/年 × 30年 = -5,040万円

退職して老後どんな暮らしをしたいかによっても必要な資金は違います。

このままでは明らかに老後資金が不足すると思うのであれば

  • できるだけ長く働く
  • 年金の受け取りを遅らせる(繰り下げ受給)
  • 個人年金を積み立てる(iDeCoなど)
  • 貯蓄額を増やす
  • 資産収入を得られるようにする

などできることがいくつかあります。

漠然とした不安を抱えて毎日を過ごすより

「現状のままだとこれだけ不足するから、30年かけて資産形成しておく」

などやるべきことが明確になっているほうが精神的に落ち着くはずです。

今の暮らしじゃとても貯蓄なんてできない?

考える

「現状でもまともに貯蓄できないのに無理ですよ」

最初から諦めてしまってはいけません。

きっと赤字体質になるなにか原因があるはずです。

お金を増やす方法はシンプルで

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 運用利回りをあげる

これだけです。

  • 今の仕事で昇給する
  • 転職して収入を増やす
  • 副業で収入を得る
  • 格安SIMで通信費を削減する
  • 生命保険を見直す
  • 住宅ローンの借り換えをする
  • 車を手放す(カーシェア、自転車を利用する)
  • 通ってないジムを退会する
  • サブスクの見直し

などなど、できることって何かないですか?

収入を増やして支出を減らすことで貯蓄ができるようになります。

貯蓄だけでは現在の超低金利の日本では100年たってもほとんど増えません。

しかし例えば年利5%で資産運用すると、時間を味方にして複利効果で大きく資産を増やすことができます。

知らないと損する複利の力 72の法則

1,000万円の資金を年利5%で運用ができたとすると

30年後には約4,322万円になります。

元金1,000万円に対して、3,322万円増えたことになります。

お金の問題を先送りしていませんか?

パーティー

あなたが会社員であれば毎年健康診断を受けていると思います。

日々の体調があまりよくなくても、検査結果が良ければひとまず安心ですよね。

逆に普段は健康だと思っていたのに、検査結果があまり良くないと不安になります。

でも結果をもとに生活習慣を見直して改善したり、病気の早期発見につながりますよね。

ではあなたに質問です。

「家計の健康状態はどうですか?」

まぁ悪くはないけど、良くもないかな、、、

という感じでしょうか。

ほとんどの方が家計の健康診断を受けていませんからね。

こうしてわたしのブログを読んでくださっているということは

お金に関する知識をみにつけ、勉強して、改善しようとしているんですよね。

一番良くないのは

「お金のことはよくわからないし、むずかしいから」

といって問題を先延ばしにすることです。

自分の体のことであれば

「医学はよくわからないし、むずかしいから」

といって先延ばしにしませんよね。

放ったらかしにしていると手遅れになることもありますからね、、、

お医者さんに検診してもらってアドバイスをもらってますよね。

お医者さんと同じように

お金の悩みや不安、家計の状態を専門家に見てもらうことができます。

それが「家計のホームドクター®」ともよばれるファイナンシャルプランナーです。

※「家計のホームドクター®」はNPO法人日本FP協会の登録商標です。

FPはお金に関する知識

金融、不動産、住宅ローン、税制、保険、年金、相続など

を幅広く持っています。

弁護士や税理士と同じように、FPによって得意分野が違います。

銀行や保険会社に所属するFPもいますし、

わたしのような独立系FPもいます。

あなたにあったFPを見つけるために、複数のFPから意見をもらうのが良いでしょう。

かかりつけのお医者さんがいれば安心感があるように

かかりつけのFPがいれば、お金の悩み相談ができる安心感は大きいですよ。

まとめ

景色

あなたがもし30代であれば、老後なんてまだまだ先の話と思うかもしれません。

ただ、現在地を理解していれば目的地まで行く手段に何を選べばいいかわかります。

現在地と目的地は遠いのか近いのか、状況によってひとそれぞれ準備するべきことが違います。

老後資金の不安がほとんどない人もいれば

2,000万円不足どころじゃない人もいます。

漠然とした不安を抱えて毎日を過ごすよりも

「このくらい不足することになりそうだから、今のうちにできることを準備していこう」

と考えるほうがはるかに前向きに過ごせます。

お金に関する情報や知識ってなかなか習得機会がありません。

難しいからといって問題を先延ばしにせずに

家計のホームドクター®とも呼ばれるFPに相談してみてください。

無料相談をおこなう企業系(銀行、生保)FPもいますし、

有料相談をおこなう独立系FPもいます。

どちらを選ぶのが正解ということはないですし、どちらのアドバイスも聞いてみると

自分にあったFPに出会える可能性が高まります。

お金の悩みは住宅ローン、教育費、年金、相続など生涯にわたってでてくるので

かかりつけFPのような存在がいれば心強いはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です