【増税】2020年10月からお酒もタバコも値上がり、だけど値下がりするものも

去年の消費増税に続いて酒とタバコが増税?

ビール

2019年10月に消費税が10%になりました。

食料品などは軽減税率で8%ですけど

お酒もタバコも嗜好品なので軽減税率対象外です。

そして2020年10月からは酒税法改正とたばこ税増税になります。

「また値上がりするの?」

とウンザリしている人も多いと思いますけど

実は値下がりするものもあるんです。

お酒は値上がりするものと値下がりするものがある

グラフ

今回は酒税法「改正」で値上がりするのは新ジャンル(第3のビール)やワインです。

一方でビールや日本酒は税率が下がります。

この図の通り、今後も段階的に税率が変わっていきます。

最終的に2026年10月にはビール系飲料がひとくくりになって

税率が統一されます。

ネットの情報によるとコンビニ価格で

  • キリン一番搾り(ビール):税抜205円
  • 本麒麟(新ジャンル):税抜133円

となっています。

商品の価格差72円です。

これが2020年10月から税率差が約17円縮まるので

商品の価格差55円に

2023年10月には税率差が約16円縮まって

商品の価格差39円に

2026年10月には税率差が約16円縮まって

商品の価格差23円に

よって、計算上ではビールと新ジャンルの税率が同じになった時に

商品の価格差は23円しかなくなることになります。

もちろん製造コストや企業努力などでこのようになるとも限りませんけど。

350mlのキリン一番搾りと本麒麟で価格差が20円くらいなら、どちらを選びますか?

わたしはプレミアム・モルツやエールビールを愛飲してるのでうれしいですけど、

毎日たくさん飲む人には新ジャンルの値上がりは残念な税改正ですよね。

まとめ買いしておくなら早めのネット注文が便利です。

タバコは増税で1箱500円超えに

タバコ

タバコは残念ながらすべて増税です。

1箱50円前後の値上がりになります。

ほとんどの銘柄が1箱500円を超えしてしまいます。

例)メビウス : 現行 490 円 → 改定 540 円

わたしが毎日1箱ハイライトを吸っていた頃は

たしか1箱が280円とかだったんですけどね、、、

もうこれからは千円で1箱しか買えません。

2020年4月からは原則室内は禁煙になりましたし

愛煙家には厳しい時代になってますね。

楽しみを奪われて文句を言いたい気持ちもわかります

不満

お酒もタバコも嗜好品です。

わたしは人に迷惑をかけずに楽しむのであれば良いと思っています。

若い世代は酒もタバコもやらない人が増えていますけど、

せっかくの人生を「あれもこれもダメ」で楽しまないのももったいないです。

お酒を飲まない人が急増中!?お酒好きの主張は?

もちろんお酒もタバコも依存すると健康を害します。

わたしの場合、以前は安いお酒をたくさん飲んで酔うことが目的でした。

タバコも楽しむというより、ニコチン摂取が目的で今思えば「吸わされて」いました。

では現在はどうかというと

お酒もタバコも

  • 量より質
  • 美味しいものを楽しむ

に変わりました。

以前はビール500ml缶を2本飲んで、日本酒飲んで、とかでしたけど

最近はビール350ml1本を夫婦で飲んで、他のお酒を適度に飲む感じです。

紙巻きタバコは10年以上前にやめて、最近は葉巻です。

手軽なドライシガーを1日に1,2本で、

吸えない環境なら吸わなくても平気です。

禁煙して10年以上だけどホテルのシガーバーで葉巻体験してきました

お金持ちじゃないくても毎日葉巻は楽しめる

ちなみにビリガーエクスポートは

10月1日から40円値上がりの970円になるようです。

5本入なので1本あたり8円の値上がりです。

 

まとめ

景色

お酒もタバコも値上がりすると

支出が増えることばかり心配になってしまいますね。

政府が税金を取りやすいところから取っているように感じますけど

わたしたちはうまく対応していくしかありません。

量よりも質にこだわって、少量を楽しんでみてはどうでしょうか。

お酒もタバコも多量に摂取すると健康によくないですしね。

それと人に迷惑をかけずに楽しむことが大事です。

あとは他の嗜好品にハマってみるのもいいかもしれません。

お茶やコーヒーなども知れば知るほど深い世界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です