【経営者向け】会社のクレジットカード選び

ご相談をいただきました

オンライン

会社経営をしている方から

「会社で使っているクレジットカードを見直したい」

ということでご相談をいただきました。

先代の頃から使っているカードがあるけれど

ポイント獲得や付帯サービス内容を比較検討して選びたいとのこと。

たくさん比較するのが大変で、ゆっくり選ぶ時間もないということでしたので

タイプの違う2つを提示して選んでもらうことにしました。

法人カード、2つ選びました

クレジットカード

カード比較サイトを参考に、法人カード56枚から

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールドフォービズ エム)

の2枚を選んでみました。

解説していきます。

クレジットカードを選ぶポイント

節約

  • 年会費
  • カードの付帯サービス
  • ポイントやマイル還元率の高さ

ほかにもいろいろありますけど、このあたりが比較しやすい部分です。

年会費

56枚の法人カードは

年会費無料〜143,000円まであり、かなり幅がありました。

年会費にこれだけの差があるのは

  • 付帯サービスの違い
  • ポイント還元率

と言っていいでしょう。

カードの付帯サービス

ショッピング

カード会社が様々なサービスを提供しているので

すべてを比較していくのは大変です。

たくさん豪華なサービスがついていても

それらを使わなければ、結果的に高い年会費を払うだけになってしまいます。

かといって

「いろんなサービスを使わないと損だ」

とあれこれ利用していると、結果的に支出が増えることになります。

カード会社は利用者にたくさん支出してもらうことと(店舗から手数料が入る)

リボ払いやキャッシングの金利を得ることが目的です。

「ポイント5倍デー」にポイントが貯めたくて

必要がないものまで買ってしまうタイプなら要注意です。

ポイントやマイル還元率の高さ

クレジットカードの平均的な還元率は0.5%です。

100万円の支払いで5,000円分のポイント還元です。

高還元率カードは1%以上のものがあります。

100万円の支払いで1万円分のポイント還元ですね。

カード決済額が大きくなるほどバカにできなくなってきます。

貯まったポイントの使いみちはカード会社のプログラムによって様々です。

  • 家電などの商品に交換
  • nanacoポイントやTポイントなど他のポイント・マイルに交換
  • Amazonギフト券や店舗で使える商品券に交換

何に交換するかによって、交換率が違うことが多いです。

たとえばJCBカードで貯まるOki Dokiポイントを交換する場合

このように何に交換するかによって差があります。

ポイント還元率はかなり複雑です。

カードによって

「特約店だとポイント2倍」

などよくあるので、カードの使い方が明確になっていれば選びやすいことになります。

2つのカードを選んだ理由

カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールドフォービズ エム)

実はどちらのカードもわたしの主観が入ってしまっています。

というのも

わが家のメインカード:セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード(ビジネスカードではない)

個人事業のカード:EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールドフォービズ エス)個人事業主向

だからです。

EX Gold for Biz Sはまだ使いはじめて半年です。

どちらも個人的にオススメできます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンプラチナ

出典:クレディセゾン(https://www.saisoncard.co.jp/amex/platinumbusiness/

  • 年会費

22,000円でやや高めです。

「プラチナカード」としては破格に安いと言われます。

年間200万円以上のショッピングの利用で、次年度本会員年会費が11,000円(税込)に優遇されます。

  • カードの付帯サービス

コンシェルジュサービス、会員専用のコールセンターが 24時間365日りようできます。

「SAISON MILE CLUB」通常年会費4,400円(税込)に無料加入できます。

旅行保険が手厚いです。海外旅行中の事故について最高1億円まで、国内旅行中の事故について最高5,000万円まで、自動的に補償されます。

「プライオリティ・パス」通常年会費 429米ドルに無料で登録できます。600以上の都市、148以上の国や地域で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できます。

他にも色々あります。

  • ポイントやマイル還元率の高さ

通常の還元率は0.5%で平凡です。

しかしSAISON MILE CLUBでJALマイルを貯めると、本家JALカードよりもマイルが貯まるということで人気のクレジットカードです。

JALマイルを貯めるためのカードと言っても過言ではありません。

JALマイルの還元率1.125%、最大だと1.375%

マイルをためる|セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

わたしが思う欠点は東南アジアなどでAMEX決済できないことが多いことです。

と言っても、VISAかMasterを持っていれば問題はありません。

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールドフォービズ エム)

  • 年会費

2,200円 (初年度無料)

無料ではありませんけど、付帯サービスと還元率をみれば高くはないです。

  • カードの付帯サービス

空港ラウウンジサービス、主に国内の空港で利用できます。

旅行保険もそこそこ充実しています。ただし、海外旅行は自動付帯、国内旅行は利用付帯になっています。

MasterCardを選ぶとT&E Savings特典、全国約200店の有名レストランにて、2名様以上のご利用で1名様が無料になります。

  • ポイントやマイル還元率の高さ

通常の還元率は0.5%です。

マイルへの交換率は0.25〜0.3%なのでオススメできません。

Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイント、dポイント、WALLETポイント、WAONポイント、ベルメゾンポイント、自治体ポイント

などに交換できるので、貯まったポイントが使いやすいと言えます。

カード決済額が200万円以上でポイント加算が2倍になるので

還元率1%になります。

年会費が安いのに優秀な還元率です。

まとめ

景色

クレジットカードは現金のやり取りがなくなることで

会計管理もラクになります。

これまで現金決済だったのであれば

「いくら使っているのかわからなくなる」

と心配な部分もあると思います。

必要に応じて、利用限度額を設定したり、支払いは一括のみにすることで

使いすぎるという心配はなくなります。

多額の現金を持ち歩いたり、ATMにならんだり、帳簿をつけたりする手間がなくなったり

メリットがたくさんあります。

「どのカードがいいか?」

に対する答えは、人それぞれです。

実際に使ってみて、しっくりこなければカードを変えてもよいです。

所有したカードのサービスをいろいろ試してみるのが良いと思います。

そうそう、貯めたポイントは期限があるものがほとんどなので

せっかく貯めたポイントを失効させないように

カード会社のアプリなどで通知が来る仕組みを作っておくのがオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です