投資家になりたければ積極的に身銭を切れ

予想するだけでは投資家にはなれない

グラフ

たまにいるんですよね。

「この会社、伸びると思ってたんだよね。株買ってたら今頃もうかってたのになぁ」

こういう人。

そりゃもし買ってたら10万円が100万円になってたかもしれません。

でも買ってないんですよね?

結局は自分のお金で買って失敗するほうがはるかに大切です。

失敗から学んだ経験はムダじゃありません。

価格ではなく価値を見極める

虫眼鏡

あなたは買い物をするとき、購入する基準はなんでしょうか。

高いか?安いか?

ばかり考えていませんか?

街にでかけて素敵な洋服を見つけたとします。

すぐに値札をチェックして

「高いからやめておこう」

と考えるのは価格で購入を判断しています。

値札を見ず試着して

「すごく気に入った。3万円なら買う」

と考えるのは価値で購入を判断しています。

その洋服が5万円だったとします。

すぐ近くにあまり好みではないけど似たような服が2万円で売っています。

すると2万円の服を選ぶ人が多いんです。

でもあまり好みではないけど安い方を選んだ場合は大体があまり着ないんですよね。

心当たりがある方も多いはずです。

なので高い方を選ぶわけではなく

「気に入ったものを買う」

ほうが着るときはワクワクするし嬉しいし幸せになれます。

「安いから買った」

「気に入ったから買った」

この差はかなり大きいです。

身銭を切れ

お金

自分のお金を使う、懐を痛めるからこそ

「なんとか元をとりたい」

という気持ちが生まれます。

友達が貸してくれた本はなかなか読みませんし

人のおごりで飲みに行っても何かを得ようとする意識はあまりありません。

身銭を切って本を買えば

「少なくとも本代くらいの元をとろう」

と思いますし

身銭を切って飲みに行けば

「会話の中からなにか得るものはないか」

などと意識するでしょう。

これらは全て投資感覚です。

払った以上のリターンを得たいんです。

  • 無料で参加できる英会話
  • 月額10万円の英会話

どちらが真剣に取り組みますか?

無料だと

「今日は休みでいいか」

「よくわからなかったけどまぁいいか」

と甘えがでるでしょう。

月額10万円なら絶対休まないでしょうし、わからなかったら質問しますよね。

身銭を切るからこそ真剣になる。

価値を見極める力がつく。

投資家としては当然の考え方です。

資金がなければ工夫する

図書館

もちろん資金に余裕があればどんどん身銭を切ってリターンを得ればいいです。

でもそんなに余裕はないですよね。

例えば本を図書館で借りることもできます。

せっかく納税しているので公共施設を活用するのはいいことです。

でも気に入った本はやっぱり購入すべきです。

本当に好きな本は手元においていつでも読み返したいですし、

がんがんページを折ったり、線を引いたり、気づきをメモしたりできます。

重要な箇所を何度も読んで体に染み込ませるなら、やはり本は買うべきです。

買うべき本がわからなければ、本の要約サイト flier(フライヤー)がおすすめです。

話題の本や名著が多く要約されているので、このサイトで気になる本を見つけたら購入すれば無駄がありません。

まとめ

道

お金の貯め方は多くの人が学ぼうとしています。

しかしお金の使い方はあまり考えていない人が多いです。

購入の決断は価格ではなく価値で決める。

身銭を切ることで真剣になる。

少ない資金でも工夫する。

お金の使い方が上手になるということは、投資家になるための近道です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です