新型コロナ給付金をスマホで申請?マイナンバーカード持ってて良かった?

あなたも受け取れる10万円給付金

お金好き

新型コロナウィルスの感染拡大で収入が減ったり、仕事がなくなっている人が増えています。

このままでは生活が成り立たない人が増えて、ますます社会が混乱してしまいます。

政府は緊急経済対策として「お肉券」「お魚券」など迷走した末に、現金を給付することを決めました。

現金給付も

「収入が減少した世帯への30万円」

と言っていたものが

「すべての国民を対象に1人あたり10万円」

となりました。

特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)(総務省)

賛否両論ありますけど、わたし個人はわかりやすいのが一番大切だと考えています。

給付対象者及び受給権者は

  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
  • 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

です。

受け取り方法は2種類のみ

気になる受け取り方法は2つあります。

(1)郵送申請方式

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能

です。

どちらも

  • 振り込み口座の確認書類
  • 本人確認が必要です。

オンライン申請方法

マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

出典:総務省ホームページ (当該ページのURL)

マイナンバーカードそのものが本人確認に使えるので、郵送よりも簡単で早く手続きできそうです。

パソコンがなくてもスマホでも申請ができそうです。

近距離無線通信「NFC」に対応したスマホか、iPhoneならiOS 13搭載でApple Pay対応(iPhone 7以降)の機種でアプリ「マイナポータル」を利用できます。

わたしはこれまでに近所のコンビニで住民票をとるのに利用したくらいなので、今回の申請が簡単にできるのならありがたいですね。

iPhoneでマイナンバーカード を利用した確定申告ができます

 

給付金詐欺に注意

すでに総務省も発表していますけど

このようなときには必ず詐欺事件が頻発します。

「給付金を振込むので暗証番号を〜」

など、あの手この手で

  • 個人情報
  • 通帳、キャッシュカード
  • 暗証番号

などを騙して盗み出そうとします。

相手はプロの詐欺師です。

「騙されるわけがない」

と思っている人が騙されているのです。

離れて暮らす高齢の親がいる方は、あらかじめ注意喚起しておきましょう。

申請忘れに注意!

申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内となっています。

資産家や高所得者のなかには申請辞退する人もいるかもしれません。

でもしっかり受け取って、物やサービスを購入してお金を回すことに意味があります。

現在はお金の流れが極端に悪くなってしまって、お金が回っていません。

もちろん長期戦も覚悟しなければいけないので、生活資金として大事に使えばいいんです。

まとめ

マイナンバーカードを持っているなら、オンライン申請ができそうです。

スマホが対応機種であればアプリで読み込みができます。

まだまだ光が見えない長期戦です。

暗い気持ちになったり、人の批判ばかりせずに、前向きに考えられるように過ごしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です