コロナショックを人生の転機にする今できること

足りないものを補充するチャンス

コロナ新型コロナウィルスの感染拡大が続いています。

今週末は東京都と隣接する4県では不要不急の外出自粛が呼びかけられています。

それにともなって多く企業で在宅勤務が拡大、デパートなどの店舗も臨時休業が発表されています。

ここまで多くの人が動かなくなるということは

  • 仕事が少なくなった
  • 解雇されてしまった

という人が少なくないはずです。

派遣や会社員の方は収入が減ることに不安を感じていますし

事業主の方は事業を存続させるために頭を悩ませています。

報道でも言われていますけど、ここ最近の日本はやや自粛疲れ、楽観ムードでした。

ここはもう一度気を引き締めなければならない状態であることは国民も理解できたはずです。

これまでにないピンチに世界が苦しんでいます。

しかし無理矢理でも前向きに考えれば、今まで足りなかったものを補充するチャンスではないでしょうか。

多くの人が日々の仕事に追われている

人混みあなたは十分な時間とお金を持っていますか?

本物のお金持ちと呼ばれる資産家などはお金も時間も持っています。

しかし多くの人がお金はそこそこあるけど、時間がないと答えます。

貧乏暇なし、ではないですけど、たとえ高年収のエリートサラリーマンも

お金はあるけど時間はない人が多いんです。

貧乏暇なし、暇がないから貧乏?

新型コロナウィルス対策で、やむを得ずリモートワーク(在宅勤務)になったり、勤務日数が減らされたり、解雇されてしまったりしています。

つまり「お金はないけど時間がある人が増えている」といえます。

努力して作り出した時間ではありません。

でもいつも

「時間がない」

「忙しい」

と言っていたあなたにとってチャンスではないですか?

時間を手に入れたらやりたかったことはなんでしょうか。

現代人の多くが足りていない

  • 睡眠
  • 運動
  • 勉強

をするのはどうでしょうか。

睡眠不足も運動不足も健康によくありませんからね。

勉強不足は健康に直接関係ありません。

でも社会人になって勉強をしない日本人は多いと言われています。

終身雇用と年功序列のむかしのなごりを引きずっているのか

大学入るまで勉強して、会社に就職したら安泰だと思っているのでしょうか。

そんな時代とっくに終わってますよ?

プロ野球選手になりたくて一生懸命練習して、ドラフト1位で入団したら、もう練習しないんですか?

経営者は会社の存続のためにあらゆる手段を使うことになります。

店舗を減らしたり、従業員を削減することも当然です。

自己投資である勉強もせず、この厳しい状況を生き残れるでしょうか。

大企業に入れば安泰という時代は終わり。リストラの嵐に備えてとるべき行動

少しでも危機感を持ってもらえたなら勉強しましょう。

勉強といっても難しく考えなくても大丈夫です。

得意なことを磨きましょう。

得意なことの知識をもっと増やして、誰かに教えて喜んでもらえれば、それは仕事になる可能性があります。

今はYouTubeなどインターネットでいくらでも知識を増やすことができます。

それから読書をオススメします。

本が苦手でも、読書をすると思考力が高まります。

読書が自己投資としてオススメな理由

読書でインプットしたら、学んだことをアウトプットする(誰かに教える、ブログを書く)と、しっかりと脳に定着します。

時間を手に入れていちばんオススメしたいこと

忙しい時になかなかできないことで、いちばんオススメしたいこと。

それは、自分自身と向き合う時間を作って考えることです。

普段、なかなか一人でじっくり考える時間って取れない人が多いと思います。

例えば

  • 自分の理想の人生
  • 人生で一番欲しいもの

をすぐに答えることができますか?

答えられないあなたは日常が忙しくて考える時間がないのかもしれません。

ぜひ一人の時間を作って紙に向かって書き出してみてください。

自分の最も理想的な状態、欲しい物がわかると、それを手に入れるために何をしないといけないかを考えるようになります。

ゴールと現在地のギャップがわかります。

ゴールが決まるとやらなければならないことが見えてくるはずです。

例えば

「家族が健康で笑顔で一緒にくらしている」

が理想の人生なら

それを達成するために

  • ある程度のお金がいる
  • 仕事で成功するか起業する
  • 家族が暮らす家を建てる
  • 年に1度旅行に行けるようにする

など実現するための方法を考えますよね。

なかには

  • 田舎でのんびり暮らす
  • 農地を買う
  • 海外移住する

などと考える人もいるでしょう。

これは一つの例です。

いま時間を手に入れたのならチャンスです。

じっくり自分と向き合って考えてみませんか。

目標をたてる

私が毎年かならず時間をとってやっているのが

  • 1年間の目標(昨年の目標振り返りも含む)
  • 5年後のあるべき自分(できるだけ細かく)

です。

たぶん10年くらい続けています。

目標オタクですから(笑)

面白いのが過去の目標を見てみると、7〜8割は達成しています。

いわゆる思考は現実化するんです。

イメージを具体化していくこと、できると思いこむこと。

人間の脳ってそういう意味では単純です。

「人間が100メートルを10秒以内に走れるわけがない」

「人間は100メートルを10秒以内に走ることができる」

この考え方の差が大きいのはわかりますよね。

諦めたらそこで終わりなんです。

と言ってもとんでもない目標は意味がありません。

「100メートルを5秒で走る」

と目標を立てても、脳が最初から

「どうせ無理だけど」

と諦めてしまいます。

ゴールにたどり着ける道筋がイメージできなければいけません。

「年収1,000万円になる」

は道筋がイメージできればあとは実行するだけです。

実現すればワクワクするような目標を立てて実行しましょう!

まとめ

世界中がピンチで苦しんでいます。

しかし人類は何度も困難を乗り越えてきました。

過去にピンチをチャンスに変えた人たちがたくさんいます。

もしかすると今があなたにとって人生の転機になるかもしれません。

時間を手に入れたらじっくり考える時間を持つことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です