デキる男は選んでいる!オーダーシャツがコスパがいい理由

オーダーメイドに憧れる、でも高いんでしょ?

オーダーメイドでなにか作ったことがありますか?

スーツ

シャツ

などなど。

デパートの1画にあるのは見たことがあるけど

  • 敷居が高そう
  • どう話しかければいいのか
  • そもそもオーダーメイドって高いんでしょ?

と思っていませんか?

オーダーメイドと一言でいっても

  • フルオーダー
  • イージーオーダー
  • パターンオーダー

などがあります。

上から順に価格が高くて、対応できることが多くなります。

よっぽど特殊な体型でなければイージーオーダーで対応可能なはずです。

これは採寸してくれる方がアドバイスしてくれます。

現在の日本でイージーオーダー、パターンオーダーをすることは決してお金持ちだけがしていることではありません。

選ぶ素材などでも違ってきますけど、デパートでイージーオーダーすることも決して高額ではありません。

あなたが着ているシャツに満足していますか?

スーツの時に着るいわゆる「ワイシャツ」はどこで買いますか?

紳士服量販店?

デパート?

ユニクロ?

最近はクールビズも浸透したり、カジュアルファッションで仕事ができる業種も増えています。

わたしも現在はほとんど自宅で仕事していますし、前職は製造業の品質管理だったので作業服でした。

ということでめったにスーツを着ません。

と言っても男たるもの(?)スーツの1着、2着は持っていますよね。

スーツスタイルの良いところは正しく着こなせば、清潔感と信頼感を与えることができます。

仕事がデキる人はスーツの着こなしがカッコいいと思いませんか?

わたしはNHKのニュースを観ていると

  • 全国区放送のキャスターはスーツスタイルが完璧
  • 地方放送のキャスターはスーツスタイルが微妙

と感じています。

まぁ全国版のキャスターはスタイリストがついている可能性大ですけどね。

だいぶ前置きがながくなりましたけど

あなたはいま着ているワイシャツに満足していますか?

「んーべつに不満はないけど」

という人が多いと思います。

それはシャツにこだわりがないから、ではないですか?

2,980円のワイシャツで別に困ってないからですよね。

でもわずかな投資でまわりから一歩抜け出してデキる男になれるならどうですか?

いまのワイシャツに100%満足していないなら作ってみる価値があります。

デパートの紳士服コーナーでも1着1万円前後でオーダーシャツが作れます。

サイズが合ったシャツは快適

自分にピッタリ合うシャツって快適です。

わたしの場合、178センチ68キロのほぼ標準体型です。

既製服でまったく問題ないタイプですけど、ワイシャツに関しては首周りと裄丈をあわせて買うと、胴回りなどがいつも余っていました。

袖周りもダブついていて、ウエスト周りに生地が余っている状態です。

スーツを着て動くと、どうももたつくといいますか、動きのジャマをしていると感じます。

せっかくスーツがややスリムでカッコよくても、シャツがダブついている、、、

これを解決するためにオーダーシャツを作ったのがきっかけでした。

夏でもカッコよく着こなせる

衿先が小さなボタンで止められたボタンダウンシャツ

スーツ発祥の地イギリスでは夏でもジャケットにネクタイです。

それゆえにシャツは肌着の位置づけなのでジャケットを脱ぐことはマナー違反です。

ジャケットを脱ぐならベストを着用しなければいけません。

といっても日本は高温多湿でジャケットにネクタイなんてしていられませんよね。

クールビズが浸透してジャケットなしでノータイの人が増えました。

ただこれまで着てたシャツのネクタイを外しただけという、もっともだらしがないスタイルが増えてしまいました、、、

汗をかくので透けにくい肌着を着ておくのがまず鉄則です。

次に襟がだらしなくない、きちんとした状態に見えるものを選びます。

それがボタンダウンシャツとホリゾンタルカラーです。

クールビズが浸透してボタンダウンシャツを着る人が増えましたね。

ホリゾンタルカラーのシャツ

わたしはホリゾンタルカラーをオススメします(フォーマルには向いていませんけど)。

ネクタイをする場合は結び目を太くしてバランスをとるのがコツです。

オーダーシャツがダサくなる?

「よーし、じゃあオーダーシャツをつくってみようかな!」

と興奮気味にお店に行く人にありがちな失敗が、あれこれこだわろうとしてダサくなることです。

例えば

  • ボタンやボタンホールに色をつける
  • 目立つところにネームを入れる

です。

オーダーでつくったよ!

とアピールしたい気持ちはわかりますけど、ビジネススーツに合わせるなら基本に忠実な形や色で作っておきましょう。

消耗品なのにお金をかけるのがもったいない?

とけワイシャツを毎日着るにしても5,6枚です。

そのうちの数枚でもオーダーメイドしてみてはどうでしょうか。

白シャツが基本ですけど、日本人は肌が黄みがかっているので薄いブルーと相性がいいです。

白1枚、青1枚、ホリゾンタルカラーのシャツがあれば1年中使えます。

それからクリーニングに出すよりも自宅で洗濯してアイロンすることをオススメします。

その日のうちに汗で汚れやすい襟と袖口を石鹸でもみ洗いしておきます。

アイロンは休日にまとめてやりましょう。

慣れれば時間もあまりかかりませんし、自分で仕上げると愛着がわきます。

どうしても忙しくてクリーニングに出すなら信頼できるお店を選んでください。

多くのチェーン店では丁寧に扱ってもらえないので、ボタンが割れてしまうことなどあります。

良いものを身につけると自信がわいてくる

時計にしても靴にしても品質が良いものを身につけると自信がわいてきます。

もちろん全身ユニクロでも自信にあふれているのが理想です。

そうは言ってもやはりスーツは戦闘服です。

ビジネスの世界で戦っている以上は相手に与える印象は重要です。

高価なスーツや靴である必要はありません。

  • 品質が良いものを
  • きちんと手入れされていて
  • 自分に合ったものを大切に使っている

これだけであなたは周りから一歩抜け出た存在になれます。

日本ではスーツの着こなしが残念な人が多いんですから、ちょっとルールを学んで、少し投資するだけで、大きなリターンを得ることができます。

オーダーシャツは決して高価ではない満足度が高い投資です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です