投資デビューはコロナショックの暴落が終わってから?

トランプ相場の終わり

NYダウ終値、913ドル安の1万9173ドル…「トランプ相場」終わる

新型コロナウィルスの影響で世界同時株安がすすんでいます。

ここ数年、株価が絶好調でした。

すでに投資デビューしている人も多くなってきています。

その一方で

  • 投資で失敗して損したくない
  • 株価が上がりすぎてていつか暴落するんじゃないか

と思ってなかなか投資を始められなかった人もいます。

そして今回実際に株価が暴落し始めています。

それをみて

「やっぱり投資って怖い」

で投資を始めるきっかけをなくしてしまうのはもったいないです。

「コロナショックの暴落が終わってから始めようかな」

と思っているあなた。

おそらく株価が上昇しはじめると

「いまはあがりすぎているからまた暴落するんじゃないか」

と思っていつまでたっても投資を始められません。

これまで投資を始められなかったあなたにとって、今は積立投資を始める絶好のタイミングです。

短期的な相場は誰にもわからない

考えるたとえば半年後や1年後の株価がとうなっているか。

これは誰にもわかりません。

2019年末に多くの経済評論家が2020年の株価予想を発表していますけど、現在の状況を予測した人はほぼいません。

たまたま今回の暴落のタイミングを的中させた人がいても、それは偶然にすぎません。

サイコロをふって「1が出る」と予言して当てたようなものです。

短期的な未来を予想して賭けるのはギャンブルです。

あなたが予想を的中させれば、予想がハズレた人の掛け金を受け取り

あなたが予想をハズせば、予想を的中させた人に掛け金を取られます。

これをゼロサム・ゲームといいます。

投資初心者に個別株よりも投資信託をオススメする2つの理由

わたしが投資初心者に短期売買(投機)をすすめないのは、プロのカモになる可能性が高いからです。

長期投資家はこう考える

つみたてわたしの投資は低コストのインデックス投信の積立が基本です。

キャピタルゲインではなくインカムゲインで考えます。

投資を始めるなら知っておきたいインカムゲインとキャピタルゲインの違い

 

例えばS&P 500のような長い歴史がある株価指数のグラフを数年の範囲で見ると、今回の下落は強烈なものに見えます。

ところが30年とか50年の範囲でみると

「このくらい下がることはあるよね」

と思えます。

これまでも株価は10年周期で大きな下落が起こっています。

前回は2008年のリーマンショックですね。

リーマンショックを超える経済不況になる可能性も十分ありえます。

おそらく当分のあいだ高値を更新することはないでしょう。

これって、これから積立投資を始める人には良いことです。

なぜなら

ちょっと前まで株価は上昇し続けていたので

「高値づかみしたくない」

という心理的ハードルが下がるからです。

そのかわり、今後当分のあいだズルズルと下がり続ける可能性もあります。

でもこれは

「バーゲンセールの間にしっかり積立投資で仕込みができる」

とも言えます。

ただ実際は

「コツコツ積み立てているのに数年間はずっとマイナス」

だったりします。

というのも実際わたしが積立投資を始めた2009年からアベノミクス相場までがずっとマイナスだったからです。

あのころは

「ほんとうに投資をつづけていいんだろうか」

と不安でしかなかったです。

でもこれを耐え抜いた経験はめちゃくちゃ大きいです。

未来は必ず良くなる

経済は必ず復活する

と信じる力がつきました。

ネガティブな報道に流されない

これからもネガティブな報道が繰り返しでてきます。

人間はネガティブなニュースに引きつけられやすいです。

不安を煽るビジネスは昔からよく利用されています。

わたしたちはテレビやネットの情報から、不安を煽られいつのまにか洗脳されています。

あまり情報に流されすぎないように注意しなければいけません。

株価はこれからもっと下がるかもしれません。

でも株価は上がり続けることもなければ、下がり続けることもないんです。

倒産する企業がこれからたくさん出て多くの人が解雇されます。

個別株に投資しているなら要注意です。

世界中のあらゆる業種に分散投資する投資信託であれば、資本主義が崩壊しないかぎり紙切れにはなりません。

世の中のためにお金を投じるのが投資家

株価が下落する中で

「もうダメだ!」

と叫びながら投げ売りするのは投資家ではありません。

不安の連鎖で投げ売られているなかで買い支えるのが投資家です。

世の中をより良くしたくて投じたお金が巡り巡って自分の元に戻ってきます。

自分だけが儲かればよい、という発想は投資家ではありません。

人類がもっと便利で幸せな暮らしをしたいと思うなら経済は発展しつづけます。

トレーダーが大騒ぎで売却しているなかで、長期投資家は淡々と買い進めているデータも出てきています。

“コロナ・ショック”の中で「eMAXIS」シリーズへの資金流入が加速、3月は月間流入額最高が視野

わたしたちの投資で救われる人がたくさんいて、世の中が便利で幸せになる。

わずかな額の積立投資からで大丈夫です。

この大きなピンチを助けるという価値ある行動をあなたも始めてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です