デマが次々と拡散してしまうワケ

社会が不安になるとデマが拡散する

いまだに毎日新型コロナウィルスのニュースが続いています。

ウィルスは目に見えませんし、まだ治療薬やワクチンもありません。

そんな不安な状態でさまざまなデマが拡散しています。

新型コロナのデマ対策で注意するべき、善意の拡散と事実化のリスク(ヤフーニュース)

多くの人がSNSなどのネット、テレビから情報を得ています。

中には間違った情報や、大げさな情報が混ざっています。

そしてデマと気づかないまま拡散させてしまう人がたくさんいます。

デマを拡散させないためにはどうするか。

それは信頼できる一次情報を確認することです。

新型コロナウィルスに関しては政府の情報を確認するべきです。

政府の対応が遅いとか、急すぎるとか、いろいろ批判したい気持ちもわかります。

しかし、誰でも情報を発信できるこの時代に、信頼できる情報を探すのは意外に難しいものです。

ニュースもどこかで制作する人の解釈や主観が入ることが多々あります。

情報を確認するべきリンク

などなど。

あらゆることに影響がでているので、疑問に思ったことはまずはこれら政府関連の一次情報を確認すべきです。

善意でデマが拡散する

メールやツイッターで得た情報を

「他のみんなにも教えてあげよう」

と善意で拡散させてしまうことがあります。

「マスクの次はトイレットペーパーがなくなる」

というデマを信じた人がトイレットペーパーを買いに行きます。

空になった棚の画像をネットに投稿して

「本当になかった」

と拡散して、それを見た人が

「やっぱりないんだ」

と探し回る人が増えることになります。

「ウイルス対策にはお湯を飲むと効果的」

というデマも信頼できる人や機関の名前を利用してデマが拡散しました。

「医療機関で働く友人からの情報です」

「親戚の自衛隊員から聞きました」

のような一見すると正しい情報のように思えます。

そしてこれも良かれと思ってリツイート、シェア、拡散させてしまうわけです。

他にも

  • アイスクリームなどの冷たい食べ物がいい
  • 花こう岩から出る放射線が新型コロナウイルスを分解する

など様々なデマが広がっているようです。

人間というのはあっさりと情報を信じてしまうのがわかりますね。

正しい情報を得るクセをもつ

どんなことでもネットで情報を調べることができます。

便利な半面、正しい情報を得るのが意外と難しいとも言えます。

グルメサイトや商品のレビューも「やらせ」があるといいます。

「ここのラーメンはめちゃくちゃ美味しかった!」

「この商品は過去最高に良かった!」

などのレビューを信じて良いものか、見抜く力が必要です。

世界は過去にもたくさんのデマにふりまわされてきました。

社会が不安になるとデマが広がりやすくなります。

混乱を抑えるのが政府の約目です。

様々なデータを集めて、新しい対策が次々と発表されるはずです。

まだまだわからないことが多い新型コロナウィルスです。

ネットなどで得た情報は政府関連のページでまず確認をしましょう。

私もこうしてブログを書いて情報を発信しています。

間違った情報を広めないように注意しなければいけない、と自分にも言い聞かせなければなりません。

できるだけ政府関連の情報か、書籍の情報を引用するように心がけています。

新型コロナウィルス、見えないウィルスとの闘いです。

不安ではありますけどパニックにならずに冷静に対応していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です