異業種交流会にはタダでも行くな?

セミナーに参加して懇親会に行こう

あなたは勤めている会社以外での人脈を作ろうと「異業種交流会」に行ったことはありますか?

私は行ったことがありません。

「行ったことがないのに何が言えるんだ」

と思いますよね。

私の提案としては異業種交流会に行くなとは言いません。

セミナーに参加して懇親会に行くことをオススメします。

私は昨日、広島市内で行われた経済コラムニストである大江英樹さんのセミナーに参加してきました。

朝から夕方まで”話すこと”と”書くこと”について、非常に刺激を受けました。

セミナー後の懇親会にも参加しました。

ここで、私にとって良い出会いがたくさんありました。

セミナーの参加者にFP資格を持った人が多かったので、FPとして独立したばかりの私はこれまで会ったことのないタイプの人と会えました。

実は私、けっこうな人見知りで、初対面の人と話すのは苦手な方なんです。

少人数ならまだいいんですけど、知らない人が大勢いる環境だと、自分から話しかけるのとかはものすごく苦手です。

それでも懇親会に参加するのは、自分にとって良い出会いがあると思っているからです。

私の師匠に出会ったのも、とある投資セミナーの懇親会でした。

たまたま隣の席に座ってお話をさせてもらっていると、師匠は私が目指す投資スタイルですでに経済的独立を達成していると言うではないですか。

すぐにFacebookで友達申請して、メッセージで相談してみたり、直接時間を取っていただいて投資相談をしてました。

すでに成功している方に相談できたおかげでこうして10年以上の投資をできているかもしれません。

他にもセミナーに参加して懇親会して親しくさせてもらっている方がいます。

そう考えると、自分から何か行動しなければ出会う事ができる人は限られています。

一人で参加していても、人見知りでも、セミナーの懇親会は参加することをオススメします。

異業種交流会は微妙?

冒頭でも言いましたけど、私は異業種交流会に行ったことがありません。

「異業種交流会でも出会いがたくさんありますよ?」

と言われますけど、行ったことがある人の多くは

「大量に名刺交換するけど、あまり良い出会いはなかった」

という声が多いように感じます。

それからよく聞くのは、翌日からメールとかで売り込みばかりくることがあるそうです。

結局、異業種交流会の場をセールスの場と考えている人が多くいるようです。

セミナー受講者は良い情報に対してお金を払ってもいいと思って参加している人です。

学ぶ意識のある人が参加している懇親会と、異業種交流会は集まる人のタイプが違います。

同じモチベーションの人との出会いのほうが良いと思いませんか?

「でもセミナー後の懇親会に行ったけど名刺交換しただけだった」

という人もいます。

もちろん出会った10人中10人があなたにとって必要な出会いになるとは限りません。

良い出会いは何かピンと来る人がいるはずです。

一緒にいると楽しいなとか、プラスのエネルギーを感じるとか。

そのあたりはあなたの感覚を信じても良いはずです。

懇親会に行く時間とお金がもったいない思う人もいますよね。

私も無駄な飲み会は嫌いです。

やはり時間とお金を使って参加している以上は何かを得たいですよね。

その気持ちが大切です。

投資と同じです。

例えば2時間で5,000円なら、それ以上に何か得るためには何ができるか考えてみましょう。

積極的に話しかけてみるとか、質問をしてみるとか、アンテナを張ると何かを得られるはずです。

間違っても5,000円分たくさん飲んで食べて元を取るのは懇親会ではやめてくださいね(笑)

人脈が大事!でも、、、

人脈が大事、とはよく言われます。

でも人脈を広げることばかり考えるのは

人脈ばかり考えていると人を利用しようとしているからです。

人との出会いはお互いにメリットがあったほうが良くないですか?

さらに出会った相手に合わせて、あなたの知っている人を紹介してあげられるようになると、人の輪がさらに広がります。

なので大切なのは自分がなにか得ようとするのであれば、最初はまず与えることからです。

与えるという言葉だとちょっと偉そうな感じなので、相手に何か貢献することです。

相手にたくさん貢献していると、あなたに対して「なにかしてあげたい」と思うようになります。

そうやって人を紹介してもらえるような存在になっていくことを目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です