金持ちになりたければ今すぐ歯医者に行け

お金持ちの歯は健康でキレイ、貧乏人の歯はボロボロで汚い、という法則があります。

100%そうだとは言い切れませんけど、概ねその通りだと思います。

それは歯に対する考え方の違いからではないかと考えます。

お金持ち日頃から歯のメンテナンスをしている

お金持ちは歯にトラブルが起きていなくても、定期的に歯科へ通っています。

それは

  • 健康のためと
  • 相手に与える印象を左右する

と考えているからです。

虫歯や歯周病が酷くなってしまってからでは、時間もお金もかかってしまいます。

日頃のメンテナンスに通うのであれば時間もお金もあまりかかりません。

歯の状態が悪いと健康にも悪影響が出ます。

歯が健康であれば自分の歯で食べ物を美味しく食べることができます。

食事と健康は直結しているので、歯がとても大切なのは間違いありません。

そして欧米のお金持ちはほぼ例外なく歯がキレイです。

日本人の感覚だと、歯がキレイなのは芸能人やモデルさんくらいのイメージかもしれません。

これが欧米だと歯並びがキレイで歯が白いことは、一種のステータスです。

欧米では歯並びが悪かったり、歯が汚れているような人はそれなりの人と判断します。

なので日本人を含むアジア人と接して

「歯並びが悪くて黄ばんだ歯、そして口臭がする」

と驚く人も多いと言います。

歯のキレイさが相手に与える印象を大きく左右すると考えています。

ニコッと笑った時に、歯並びがガタガタで黄ばんだ歯では清潔感がありません。

キレイな歯並びで白い歯だと自信を持って笑顔を出せます。

彼らは歯を白くすることは、自分の第一印象をよくするための投資と考えています。

貧乏人は歯にトラブルが起きてから対処する

お金も時間も余裕がないと、歯にトラブルが起きるまでは何もしません。

歯が痛くなる頃には状態が悪化していて、治療に時間もお金もかかってしまいます。

酷くなると歯は抜け落ち、自分の歯で美味しく食べ物を食べられなくなります。

歯並びが悪くて汚れた歯では自信を持って笑顔を出せない人もいます。

第一印象で「清潔感がない」「自信がなさそう」「信頼できなさそう」など損をしてしまいます。

歯周病などを引き起こしていると口臭がひどくなり、人とのコミュニケーションにも問題が出てしまいます。

歯の健康はすぐに命に関わるわけでもありませんし、すぐに収入アップに繋がるわけでもありません。

ただ長い目で見ればお金をかけておく価値があるものだと思います。

歯のホワイトニングで他者より一歩抜き出る

現状であなたがお金持ちでないとしても、お金持ちのマインドや習慣を身につけるメリットがあります。

比較的、すぐに取り入れやすいのは歯のホワイトニングです。

歯並びの矯正はその程度や年齢などで費用や期間もかなり差がありますけど、ホワイトニングは試してみる価値があるともいます。

私もやっています。

ドラッグストアや通販などでホワイトニング歯磨きなど売っていますけど、国内で販売しているもので効果を実感できるほど白くなるものは無いように思います。

ここは少し投資と思って歯科でのホワイトニングを検討してみてください。

ホワイトニングには代表的な2つの施術があります。

  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング

です。

簡単にいうと

  • 自宅で自分で行う
  • 歯科で歯科衛生士などにしてもらう

ことです。

詳しい違いは省略します。

ホームホワイトニングはマウスピースを作って、それに薬剤を塗って寝る前などに装着します。

ただ数回では効果は感じられなくて、徐々に白くなっていきます。

オフィスホワイトニングは強い薬剤を使って光を当てて、即効性があります。

「白くなった」と実感が得やすいメリットがあります。

私はホームホワイトニングを選びました。

即効性はありませんけど、白さが長持ちするメリットがあります。

費用は保険適用外でマウスピース製作、

ホワイトニングジェルなども含めて5万円以内だったと思います。

行きつけの歯科に相談したり、地域の審美歯科を調べて問い合わせてみるといいです。

私はやってよかったなと思ってます。

ホワイトニングをして人から「歯が白いですね」と直接いわれたのは2回しかありません(2回とも女性です)。

「この人、歯が白いな」と思っても直接言わない可能性もありますしね。

意識的に歯を見ている人は少ないと思います。

でも白い歯でさわやかな笑顔が出せると、確実に相手に好感度を与えることができます。

日本人でホワイトニングしてる人ってそんなに多くないので、一歩抜き出ることができます。

でも何事もやりすぎは禁物ですよ。

元プロ野球選手の新庄さんとかはちょっとやりすぎで不自然ですね、、、

人間というのは感覚が麻痺してしまうのか、

白いと言われてももっと白くしたくなったり、

黒いと言われてももっと日焼けしたり、

すごい筋肉ですねと言われてももっと鍛えたり。

真っ白な歯でめちゃ日焼けした肌でムキムキに鍛え上げた体をしていると、

いったい何者なのかわからない怪しい人になってしまいます(笑)

普段の生活ではコーヒー、ワイン、タバコが好きな人は白い歯をキープすることが難しくなるので工夫が必要ですね。

私はこの歯磨き粉で白さをキープするようにしています。

この【コルゲート オプティックホワイト プラチナム ハイインパクト】は

海外に行った時に買えば1,000円未満で買えます。

研磨剤を使用してないので歯を削ってしまう心配はありません。

日本の薬事法では市販品にホワイトニング成分の

「過酸化水素」を入れてはいけないことになっています。

アメリカのドラッグストアではこの成分が入ったものが普通に買えますけど、

日本のドラッグストアでは買えません。

他に評判が良くて手に入りやすいものだとこちらですかね。

これらの歯磨き粉を使うだけで白くなったと実感できる人もいるようなので、

自己責任にはなりますけど試してみてはどうでしょうか。

電動歯ブラシも色々なタイプがありますけど

わたしはパナソニックのドルツシリーズを10年以上使っています。

金持ちになりたければ今すぐ歯医者に行け” に対して2件のコメントがあります。

  1. tt より:

    本当歯は重要ですね

    歯のお話がまともにできない人だと、この人歯の管理全然しない人なんだなと人間性を疑ってしまいます

    歯医者は苦手だから行かないとか論外ですね

    普段しっかりやってる人なら、ある程度拘りがあるはずで、歯磨き粉やマウスウォッシュは何使ってるか即答できるもんなんですけどね

    歯は見た目だけでなく体全体の健康に関わるものなので、相手にも自分にとっても何も良いことがないんですよね

    1. Tetsu より:

      そうですよね。

      日本人は欧米人に比べるとデンタルケアの意識が低いようです。
      痛くなったり、失って嘆くよりも
      日頃からのメンテナンスが大切ですよね。

      歯は自分の大切な資産です。
      健康な歯であれば
      美味しく食事ができて
      見た目も若々しく保てます。

      日頃のメンテナンスにかける時間とお金は
      大切な自己投資です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です