ひふみ投信が世界株で新ファンド設定!

カリスマファンドマネジャーの藤野さん

今や超有名ファンドとなったひふみ投信。

運営会社のレオス・キャピタルワークスから世界の株式で運用する投資信託を新規設定するという発表がありました。

https://www.rheos.jp

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49007200W9A820C1EE9000/

代表取締役社長・最高投資責任者の藤野さんはセミナーなどで何度かお会いしています。

気になるコスト(信託報酬)は?

「ひふみ投信」の信託報酬が0.980%(税抜)です。
これは日本株アクティブファンドの中では低水準です。

今回の「ひふみワールド」は信託報酬が1.48%(税抜)ととなっているので、インデックスファンドから始めたばかりの人には

ちょっとコストが高いなぁ

と感じるかもしれません。

確かにこれまでこのブログで、初心者はノーロード(購入手数料無料)、インデックスファンドを選び低コストなものを選ぶべきと書いてきました。

しばらく保有して慣れて初心者ではなくなった時に、アクティブファンドの購入もしてみてもらいたいのです。

実際に私自身もインデックスファンドから積立を始めて、その後アクティブファンドの積立も始めました。

アクティブファンドを保有して、経済指標に対して上回っている成績が出ていれば、そのファンドマネージャーは良い仕事をしているということになります。

外国株のアクティブファンドの信託報酬は高いものが多いですけど、今回新規設定される「ひふみワールド」は高すぎる、というほどではありません。

新ファンドの注目度は高い

ひふみ投信では企業に直接足を運び、経営者の声を聞き、分析して、飛躍する会社をたくさん発掘してきました。

企業の成長のために投資して感謝され、ファンドが成長して受益者に還元され、理想的な状態を続けてきています。

2017年2月16日にテレビ番組「カンブリア宮殿」で放映されてからは一気に知名度が上がりました。

https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/0216/

藤野さんのフェイスブックもフォローしているんですけど、発信している情報も興味深いものが多いです。

今回の新ファンド、私自身もとても注目しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です