消費増税から逃れる手段はない。ポイント還元を狙う?

消費増税まであと1ヶ月

これまで先送りにされてきた消費税8%から10%への増税が、いよいよ10月1日から開始します。

物やサービスを購入する時に誰もが払う消費税。

生活していく上でどうやっても逃れようがありません。

ただ今回の増税はちょっと複雑です。

軽減税率

今回の増税では、酒類と外食を除く飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率が導入されます。

ハンバーガー店で店内飲食すると10%

ハンバーガー店のテイクアウトを利用すると8%

おまけ付きお菓子(一体型商品)は、「税抜1万円未満」で「飲食料品価格の占める割合が2/3以上」なら、軽減税率の対象

「医薬品」や「医薬部外品」に該当しない栄養ドリンクは軽減税率の対象

みりんは10%、みりん風調味料は8%

、、、

こんなに複雑で大丈夫なんでしょうか、、、

政府は軽減税率対応のレジ導入に対する補助金を用意しているらしいけど、これは混乱が起こることは間違いないですね。

心理的に考えても外食産業は一時的に客足が遠のく可能性もありそうです。

キャッシュレス決済でポイント還元

10月1日から2020年6月30日までの9か月間、キャッシュレス決済時に決済金額の一部がポイントで消費者に還元されます。

主な決済方法は、「クレジットカード」「デビットカード」「電子マネー」、「QRコード決済」です。

画像:一般社団法人キャッシュレス推進協議会

このポスターやステッカーが貼ってあるお店を探すか、専用のアプリで対象店舗を検索できるということです。

ここでまた複雑なのが

中小企業の商店や飲食店など:5%還元

フランチャイズチェーン:2%還元

となっています。

なので複数店舗を展開しているようなスーパーはポイント還元の対象外なのです、、、

気になる還元方法は

  • 各種決済サービスから約1-3ヶ月後にポイントやキャッシュバックとして還元される
  • コンビニやAmazonなどから即時還元(実質値引き)という形で還元される

というパターンになるようです。

ネット通販でポイント還元?

私はAmazon依存度が高めなので気になるところです(笑)

色々と調べていると

「キャッシュレス・消費者還元事業 登録決済事業者」として、楽天、Amazon、Yahoo!が登録

という記事を発見しました。

おおー!と思いましたけど、よく読んでみると

対象となる中小・小規模事業者が販売する商品をAmazonでキャッシュレス決済によって購入した顧客を対象に、決済金額の5%分に相当する金額を即時還元する。

などと書いてあります。

おそらくマーケットプレイスで販売されている商品、かつ対象事業者のみで、全ての商品がポイント還元とはならないようです。

消費者還元事業の対象商品には5%還元のタグを表示する予定とのこと。

あまり期待しすぎるのも良くないようです。

増税前に買っておくべき物は?

政府は増税後の消費の冷え込みを何としても防ぎたいのです。

せっかく景気が上向いてきている雰囲気の中で腰折れさせたくないのです。

過去の増税時をみても、増税前の駆け込み購入やまとめ買い、増税後の買い控えが顕著に見えました。

増税の影響が大きい高額な買い物(住宅や車)は、すでに政府は対策を発表しています。

家電なんかも高額なので

「増税前のラストチャンス!」

なんて消費者心理を煽った広告が増えそうです。

個人的な見解ですけど、前回の増税時は家電を慌てて買う必要はなかったように思っています。

私は前回の増税後にテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電を多数購入しました。

というのも前回増税の2014年4月から2ヶ月後に結婚したからです(笑)

その時どうだったかと言いますと、販売店としては増税後の消費の冷え込み後に商品が売れなかったので、値引きをしてでも買ってもらいたいという状態だったのです。

なので家電なども増税前に慌てて買う必要はないと考えています。

増税2週間前になってくると、スーパーやドラッグストアのチラシで日用品のまとめ買いを促す言葉が並ぶはずです。

毎日使うものや保存が効くものは

「まとめ買いしておいたほうがいいかも」

と思いがちです。

日用品についてもまとめ買いする必要はないと考えています。

もちろんそれぞれの考え方があるのでダメだとは言いません。

私としてはまとめ買いしたところで

  • 節約になる金額は大したことない
  • 保管場所を取られる
  • 多量にあると無駄に使ってしまう可能性がある

などお得感がほとんどないと思います。

では増税前に買っておくべき物は

、、、

、、、

、、、

特にないです(笑)

強いていうならタバコでしょうか。

喫煙者はまとめ買いしておいてもいいかもしれません。

でも元喫煙者の私の意見としては、どう考えてもやめてしまった方が人生ハッピーなので、この際やめちゃいましょう(笑)

まとめ

ということで日本で暮らしている中で消費増税から逃れることはできません。

大人しく従って、政府のお金の使い道を厳しくチェックしましょう。

ポイント還元や増税前セールなどいろんな罠が仕掛けられています。

買い物の原則は

必要なものを、必要なとき、必要なだけ

です。

慌てて買って、結果的に無駄遣いになってしまった、ということのないようにしましょう。

増税を機会に日々の出費に無駄がないかチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です