30代の生命保険、見直しして資産形成しませんか?

あなたは生命保険に加入していますか?
周りの人が加入しているから、何となく不安だから、という理由で加入してたりしませんか?

私は生命保険に加入したことがありません。
というとけっこう驚かれることが多いです。
先日とある生保レディの方にこのことを話すと
「お金のある方は入ってない人も多いですからねー」
と言っていました。

私の考え方は

  • 自身で資産形成をして備えている
  • 日本は健康保険制度が充実しているのでそれを利用すれば良い
  • 住宅ローンを組んで団信(団体信用生命保険)が付いている

これらのことから生命保険に加入する必要なしと考えています。

生命保険に支出するのが勿体無い、それに支出するなら積立投資額を増やしたい
と考えているからです。

もちろんそれぞれの家庭の状況により保険加入の必要性はあります。
若い夫婦で子供が小さい、貯蓄もわずかで親を頼ることもできない。
このような状況であれば保険料の安い共済系で掛け捨て型の保険に加入しても良いかと思います。
わざわざ各都市に大きなビルを持って人気タレントを使って巨額の広告費を使っている大手生保の商品に加入する理由って何かありますか?
大手生保の役員が匿名で共済系の保険に入っていると告白していたりするようですからね。

欧米先進国では保険はできるだけ入らない、と考えられています。
世界から見ると日本は保険大好きな変わった人たちなのです。

では日本人は1年間でどのくらい保険料を払っているのでしょうか。

1世帯あたりの年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は平均38.2万円となっています。

出典 (公財)生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」より

1世帯あたり年間38.2万円、1ヶ月あたり3.2万円
10年で382万円、30年で1,146万円も支払うことに!

保険は「不幸の宝くじ」と表現されることがあります。
事故や病気、死亡という「不幸」を引くと当たりです。
そして保険金が支払われるのです。
この当たりを引く確率はとても低く、保険料の元を取れる人はごくわずかしかいません。
払った金額の何%が戻ってくる割合(還元率)は
パチンコが80〜85%
競馬が70〜80%
宝くじが46%
ということです。
生命保険の還元率って一体いくらなのでしょう、、、

支出を減らすには固定費である保険を見直すとかなり大きな効果があるはずです。
不要な保険をやめて、ぜひ資産形成のために積立投資しましょう。
複利効果と合わさって大きな資産へと育ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です