ノイズキャンセリングヘッドフォン SONY WH-1000X M3

ついに買ってしまいました。

ソニーのノイズキャンセリングヘッドフォン WH-1000X M3です。
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 B : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック

今も書斎でこれを装着して記事を書いています。

ワイヤレスでノイズキャンセリング、快適です。

飛行機や新幹線に頻繁に乗る人には特にオススメします。
ゴーーーという走行音やエンジン音などの騒音がスッと無くなります。
と言っても周囲からの音が全く聞こえなくなるわけではありません。
騒音って耳にかなりストレスを与えています。

通勤・通学で電車を使う人にもぜひ。
AirPodsでいいじゃん?と思うかもしれません。

AirPodsには2019年7月12日現在、ノイズキャンセリング機能は付いていません。
ノイズキャンセリング機能を使うと周囲の騒音がなくなるので
大きな音量にしなくていいんです。
すごく耳に優しい。
電車内でいますよね、音漏れ全開でシャカシャカしてる人。
あんな風に周囲に音漏れをすることなんて無くなります。

じゃあノイズキャンセリングのイヤホンじゃダメなの?と思う方もいるでしょう。
耳栓のように装着するので騒音の遮断もできます。
イヤホンタイプの弱点はバッテリー持ちです。
ノイズキャンセリング機能とBluetoothで無線接続するのでバッテリー切れは致命的です。

先ほど飛行機に頻繁に乗る人にオススメと書きました。
長時間フライトなら8時間なんてこともありますよね。
WH-1000X M3のバッテリーは最大30時間持ちます。
しかも10分の充電で5時間再生が可能なクイック充電にも対応しています。
長時間移動は滅多に無いのであれば気軽に使えるイヤホンタイプもいいと思います。

ヘッドフォンって大げさだしカバンに入れるのに邪魔になりそう、、、
装着した状態をオシャレとかカッコいいと思うかは人それぞれですが
収納は思ったよりコンパクトになります。

ケースの底面にこのように向きが描いてあるので収納時に迷うこともありません。

流石に夏はちょっと暑いですけど長時間装着してても耳が痛くなることはありません。
というよりももはやずっと着けていられるような感覚です(笑)

アプリでヘッドフォンの状態を確認したり外部音取り込みのレベルを調整したりすることも可能です

純粋に音楽鑑賞を楽しむためであればもっと良い商品があります。
騒音を軽減して音楽を楽しんだり耳の負担を減らしたり
勉強や読書に集中するのにも使えます。
静かな室内のようでもエアコンや家電製品の音って意外と気になるものです。
このヘッドフォンさえあればどこでも静寂を手に入れることができちゃうのです!

もう少し安ければなぁ、、、
でも買って満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です