iDeCoと積立NISAの勧め

現在の日本は超低金利、ゼロ金利、マイナス金利です。
国としてはどんどん使って経済回して欲しいんです。
どんどん家を建てて、車買って欲しいんです。
低い金利でローンを組めて、親から住宅取得資金の贈与について非課税なんて仕組みまで作ってます。
古い車に乗っている人にはペナルティ(増税)ってのはちょっと酷い話だと思います、、、
環境負荷の高い車を減らすためという名目らしいのですが、、、
とにかく眠っているお金を叩き起こすのに必死です。

このままでは財政赤字は膨らむ一方でどうにもならないからです。
税金も社会保障費も上がるばかり。
なんとか景気を良くして緩やかなインフレ(物価上昇)にしたいんです。
税収は上がるし実質的に財政赤字も目減りするからです。

長い間のデフレに慣れてしまった日本人は
インフレなんてけしからん!値上がり反対!
な雰囲気ですが20年も物価が上昇しない国は異常です。
先進国でも2%程度の物価上昇率を目標にしています。
所得もそれに比例して増えています。
つまりこの平成の30年間で日本は世界で見ると明らかに貧乏になってしまったと言えます。

30年前は世界第2位の経済大国でしたが
今では中国に追い越され今後も順位を下げていくことでしょう。
外国からの訪日観光客が増えているのは日本の魅力が伝わったからだけではなく
安くて楽しめるからという理由もあることに気づいていますか。
少し前まで日本は物価も人件費も高いと言われていました。
海外旅行に行けばちょっとした食事も意外と高額になることに驚くはずです。

日本は超高齢化し人口が減ることは確実です。
右肩上がりの成長は望めません。
そんな中で日本円だけで資産を形成することはリスクが高すぎます。
さらにインフレに負けない資産形成もしておきたいところです。

ではいきなり資産形成と言われても何から始めていいのかわからない方も多いはずです。
相談しやすいところで言えば銀行や保険屋さんでしょう。
しかし彼らは雇われてノルマを抱えている可能性が高く
必ずしもお客さんのためになる金融商品を販売してくれるとは限りません。

そこでiDeCoや積立NISAを利用しましょう、ということです。
投資初心者には投資信託という金融商品をお勧めしたいのに
残念ながら日本で販売されている投資信託はお勧めできるものがものすごく少ないのです。
ここ数年随分とマシになってきているようですけど、アメリカと比較するとまだまだです。
積立NISAは金融庁が対象商品を絞り込んでくれているので低コストのものが選びやすい。
iDeCoにはやや手数料が高いものがやや多い印象なので金融機関が勧めるものを買わないようにしたい。

基本的には積立投資をするために
・ノーロード(購入手数料無料)
・信託報酬が低いもの
・インデックスファンド
をお勧めします。

iDeCoや積立NISAは利用すれば確実に有利な非課税制度です。
国としては
「年金制度は崩壊しない(させない)けど、税制優遇する制度を作ったから
自分で資産形成して将来に備えてね」
というメッセージを発しているのです。
利用しないのも自由ですけどこのような制度を利用しないのはハッキリ言ってもったいないです。

積立投資は少なくとも10年以上続けて結果が出始めると思っています。
なので地味で孤独です(笑)
1年間で2倍になった、とか絶対ありません。
種をまいてじっくり育てて木になりやがて森になります。
小さな雪の玉を転がしてだんだん大きくなる感じです。

複利効果を理解して決してやめることなく継続することで必ず結果がついてきます。
無駄なコストを省いて時間を味方にする。
これがプロに勝つ資産形成です。

迷っているならほんの少額からでも始めることができます。
ぜひ最初の一歩を踏み出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です